読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツ報知 2017 結果

今年の、、「スポーツ祭典」・・。  注目の 結果は?

筋肉痛の治し方 【世界一の方法】

実は乳酸が筋肉痛の原因という説は誤り!?

 

なぜ?

この説が誤りかを検証します。
「乳酸」は運動中に作られる物質なので、

運動後しばらくしてから

筋肉痛の症状が出ることと
つじつまが合わないからといわれています。
 

 

筋肉痛が発生する流れを1から3までにまとめました。

1.激しい運動で筋線維がダメージを受ける

2.白血球が集まって炎症が起きる

3.発痛物質が発生して痛みを感じる

 

以下にさらに詳しく書いていきます。

 


1.激しい運動で筋線維がダメージを受ける


激しい運動で筋肉に大きな負荷がかかると、

筋線維がダメージを受けて損傷します。

しかし、

実は筋線維には痛みを感じる「痛覚」がありません。

 

筋膜には痛覚がありますが、

この時点では筋膜には何の変化も起きていません。
そのため、筋線維がダメージを受けただけでは、

私たちは痛みを感じません。

 

以下にさらに詳しく

 

 オススメ!↓ ↓

namayaman.hatenablog.com

 

 乳酸ではなく、筋肉へのダメージ説。あなたはどう思いますか?

 

2.白血球が集まって炎症が起きる


筋線維がダメージを受けると、“炎症”が起こります。
そして、炎症を起こした筋線維の組織を取りのぞくために、

血液中の悪いものを除去する「白血球」が集まってきます。

 

 

3.発痛物質が発生して痛みを感じる

 

血液中の悪いものを除去すると同時に、「発痛物質」を放出します。

「ブラジキニン」や「プロスタグランジン」などを。

※腫れや痛みを引き起こす物質


これらの発痛物質は、筋膜にある痛覚を刺激します。
また、発痛物質は筋線維の腫れも引き起こします。

 

 

ではまた次回!

 

namayaman.hatenablog.com

 

 

 

 


筋肉痛の時って筋トレしていいの⁉︎